投稿

文春叩きが気持ち悪い件

週刊文春が小室哲哉を引退に追い込んだわけではありません。

オーソドックスな報道をしたまでです。

勝手に引退を選んだのは小室です。

それを言うなら、ベッキーの方がよっぽど文春に追い込まれてた。

なのに、「天才を殺した!」だの「才能をつぶした!」だのと、怒り狂う人たち。
もうちょっと冷静になれよ、と言いたい。

論点のすり替えに気づかないなんて、純粋すぎやしないか。

釈明の余地がない芸能人が、疑惑を否定したまま唐突に引退を宣言するケースはある。
江角マキコや成宮寛貴もそうだった。

小室もこのケースなのだが、最終的に不倫問題はどっかにいって「介護って大変だものねぇ・・」というムードに世間がなったことで、余計、文春批判に拍車がかかっていると思う。

あとは小室サウンドに慣れ親しんだ世代が、センチメンタルな気分になって叩いてるとかな。
長年、見向きもしてなかったくせに。

それとな、今まで文春にスクープされた有名人が、ここぞとばかりに文春批判をするのは、大変カッチョ悪いからやめた方がいいぞ。

TKは文春の罠にハマり、私はKTにハマる

小室哲哉の不倫に関して、同情的な意見がある。

「あんな状況じゃ、仕方ないよ」みたいな。

でも、妻が大病してなくたって、こういうことは起こってたんじゃないの?

だって女癖悪いじゃん、もともと。

そんなTKと、デビューは1年違い、年齢は1歳違いなのが、KTだ。

KTのバンドはシティポップの波に上手く乗れたが、TKのバンドはなかなか売れなかった。

そしてKTは売れてる最中にバンドを解散、ソロとして初のオリコンシングルチャート1位を獲得した年、TKのバンドも初のオリコンシングルTOP10入りを果たしている。

・・・て、KTって誰だよ(笑)。

杉山清貴だよ(出た!)。
KTって呼ばれてる(呼ばれてた?)らしいね。

今、私は『ふたりの夏物語』以外の音楽はいらなくなっている(?)。
(スンマセン、じきにおさまると思いますんで・・笑)

皆さー、私が前回ブログにアップした動画でハマらなかったー?
(その記事はコチラ ⇒ 歌手なら歌声でホレさせてみろッ! )

あの曲がねー、杉山清貴の声の魅力を最大限引き出してるのよ。
他の曲にはさほど興味はない。

あの曲がメチャクチャ好きなわけではなくて、杉山清貴が歌うあの曲がメチャクチャ好きだ。

好きだー、好きだー、好きだー!(← イカれてる)

曲と歌声、双方がより魅力的になる、という奇跡の化学反応。

・・・でも。
よーく歌詞を聴いてみると、単に海辺でナンパしてるっちゅー内容なんですわ(笑)。

あんなゲスい内容を、よくあそこまでシャレオツに・・。

※関連記事・・・プラダを着たシンデレラ?

歌手なら歌声でホレさせてみろッ!

イメージ
2017年は、ヒット曲がなーんも出なかった年って言われてるの。

そう。とうとうそんな年が出現したの。

それまでは、何とか1曲ぐらいはあったのよ。

それがついにゼロ。。

2017年も終盤に差し掛かった頃に、『ダンシング・ヒーロー』が突如ブームになったけど、あれはリバイバルだからねー。
(関連記事・・・「ダンシング・ヒーロー」の意外な事実!? )

しかも、あの高校生たちが踊るんであれば、どんな曲でもブームになったでしょ。
ダンサブルならさ。

歌番組だって、ジャニとか48系とか、ロクすっぽ歌ってない&歌えない奴らばかりで、観る気失せるしさ。

おまけにヒット曲がないわけでしょー?終わってんねー。

だからたまに昔の歌番組の映像なんかが流れてると見入っちゃうのよ。
テレビから上手な歌が流れてくるのが新鮮で(苦笑)。

最近見入っちゃったのが、杉山清貴。
いや~、この人の声、大好きなのよ。声が超イケメンじゃない?(笑)



身も心もトロけてしまいそう(← キモい)。
いや、ホントにトロけるの(← だからキモいってー!)。

こんだけ清涼感あるのに色気まであるって何なのーッ!?(声の話ね)

よし。『ふたりの夏物語』を、『ダンシング・ヒーロー』みたいに、知らない世代にまで広めちゃおっと(?)。

奇しくもこの2曲は同年リリースです。

YOSHIKI がテレビで触れないコト

X JAPAN ヨシキ、怒涛のテレビ出演!(プロモーション活動?)

今回の『ダウンタウンなう』でも、「ヨシキ 激動の半生」をテーマにトーク。

でも、そういったトークの中で決して触れられることのない事実もあるのだ。

例えば一時期、globe に加入してたこと。

覚えてない人も多いのかな。

私は覚えてる。一報を聞いた時、衝撃を受けたから。

双方のファンや世間が抱いた「コレジャナイ」感(苦笑)。

で、知らない間に globe は、元の3人編成に戻っていた。
ひっそりと。何事もなかったかのように。


次に、Xを脱退したベースのタイジのこと。

脱退後、彼は壮絶な人生を歩んだ(詳細は⇒コチラ)。

ま、脱退したメンバーだし、内容的にもシャレにならないので、触れないのもわかる。

それにしてもXには、ヨシキ以上に激動の人生を歩みがちなメンバーが多いな。。


後は、ビートたけしの娘 北野井子のデビュー曲をプロデュースしたこととか(苦笑)。

ま、不発だったわなぁ。。

【紅白】私が視聴率を回復してやるゼ

前回(【紅白】低視聴率の理由とその対策 )からの続きだよ。

前回、まだ書きたいことがあったんだけど、思いのほか長くなってしまったもんで、今回はその続きっちゅーことで。

まーとにかく、平成30年の紅白は、平成の30年間を振り返る構成でいいワケよね。

新しい年代から平成元年へと遡っていくの。

出場歌手は、平成時代にヒット曲があり、なおかつちゃんと歌える人限定。

別会場からの中継じゃないとヤダ、という歌手は、出てもらわなくて結構。

超大物に「特別待遇しますんで出てください」というオファーも不要。

それどころか、今まで紅白出場を拒否してた超大物が「最後だし、出てやっか」と思ってくれるかもよ?

そう。平成30年を紅白ラストイヤーにするのだ。紅白最終回。

いや別に「最終回」ということで視聴率を狙ってるわけじゃないの。
そりゃ中身で勝負するわよ?

歌を、当時の世相と絡めながら紹介し、トリへと近づくの。

紅組のトリは、中森明菜よ。
平成2年にヒットした『Dear Friend』を歌うの。

紅白のステージなんて、20年ぶりぐらいなのに、いきなりトリで、なおかつ笑顔を振りまかなきゃいけない曲だけど、明菜、だいじょーぶかしら??(笑)

白組のトリは田原俊彦ね。
平成元年にヒットした『ごめんよ涙』を歌うの。

・・・我ながら、美しくまとまってるなと思う(笑)。

ちなみに、2人ともすったもんだがあって(!)、これらの曲を紅白のステージで披露したことはないの。感慨深いわね。

よしッ!皆でNHKに思いを届けようではないかッ!(?)