投稿

「ダンシング・ヒーロー」の意外な事実!?

イメージ
登美丘高校ダンス部のバブリーダンスは、文句なく素晴らしい。

ただ、1つだけ引っかかる点がある。

これは、平野ノラにも言っておきたい(笑)。

え~と、荻野目洋子の『ダンシング・ヒーロー』はバブル時代の曲ではない、ということ。

そう、どうでもいいっちゃどうでもいい。
いや、ホントにどうでもいい(笑)。

だが、「バブルと言えばこの曲」などと、誤った認識が定着するのが私はイヤだ。

かく言う私も、バブル世代ではないので、ちゃんと調べてみた。

『ダンシング・ヒーロー』のリリースは85年の11月で、バブルの始まりはその翌年の暮れ(86年12月)。そして「ワンレン・ボディコン・お立ち台」に象徴されるバブルの全盛は、さらにその数年後となる。

だから、バブリーな格好をして踊るのが、この曲ではおかしいのだ。

え?細かいこと言うなって?・・へいへい。

さてさて、その荻野目洋子だが、紅白にもサプライズ出演しそうな勢いだ。
もちろん、登美丘高校ダンス部の生徒たちとのコラボで。

ああいうのって舞台映えするから、紅白好きそうだもんなぁ。
だったら、ゲスト出演みたいなイロモノ扱いではなく、普通に出場歌手として選んでやりゃ良かったのに・・だって荻野目ちゃんはプロの歌手なんだよ?

でもまぁ、便乗感は否めない(苦笑)。
皆の目当ては高校生のダンスなのだから、本来なら、曲流すだけでいいワケで。。

それにねー、これで完全に「荻野目洋子といえばダンシング・ヒーロー」というイメージが固まってしまったのが残念だわね。

そりゃ、前からそういうイメージだったけど、今回で濃く上書きされたカンジ。
他にも素敵なヒット曲がたくさんあるんだけど・・・。

なぜか不良っぽい歌詞の曲が多いのだが、荻野目ちゃんが歌うことで上品になる「荻野目マジック」が見事なのよねー。

では最後に、この曲でお別れ。
登美丘高校ダンス部の生徒に負けず劣らずキレッキレのダンスを披露しているバックダンサーにもご注目・・格好もリアルバブリーです(笑)。

ブルゾンちえみが一発屋臭にブルブル・・?

「流行語大賞」の授賞式を欠席したブルゾンちえみ。

「一発屋芸人」になるのを避けたため、とも言われている。

もしそれがホントなら・・・

なにビクついとんねんッ!!

って話だよ。

芸人がさー、そんなことをチマチマ考えてんじゃねーよ、と。
(事務所の命令ならゴメンね)

授賞式にさえ出なければ、大賞を取ることはないからな。
ま、それもおかしなルールなんだが。

確かに今まで、大賞を取ったり授賞式に出席した芸人は、翌年ほぼ消えている。
でもそれって、いずれにせよ消えてたんじゃないのか?

だってその人たち、フリートークがまるでダメなんだもの。
それがダメだと、今のテレビではキツイ。

で、ブルゾンちえみはどうなのか。

例えば、先日出演していた『ダウンタウンDX』。

自分を「イタズラ好き」と称し、「『もーしつこいわ!』って言われるのが好きなんです」とコメント。
その後、本人が撮影した「with B を急に驚かすイタズラ」のVTRが流れる。
3日間連続で、with B に向かって「ワッ!!」と叫んで驚かせるだけのイタズラ。

VTRを観てるうちに、だんだん薄ら寒くなってきた。
子供みたいなイタズラだわ、同じパターンを3度も見せられるわで。。

こんなVTRで「面白い」と思ってもらえるとでも・・?
ましてや芸人だぜ?

案の定、スタジオも微妙な空気に。
それを察してか、浜ちゃんがやたらウケてあげてた。
多分、ツッこんだところで上手い返しもできないだろう、と踏んだのではないか。

そしてブルゾンのコメント。
「『もーしつこいわ!』って言われるのが好きなんです」。

・・・それさっきゆーたやんけッ!!

はたして ブログリニューアルの成果は!?

ブログをレスポンシブデザインにして、スマホからのアクセスもカウントできるようにしたって話は、前回させていただいたわね。

そしたらあーた驚きよ!

ブログ訪問者の7割近くがスマホ閲覧者だってことがわかったのよ!

それが今まで存在なきものとして扱われていたなんて。。
おっとろしいわ~。

スマホ閲覧者もカウントされる今となっては、アクセス解析で訪問者数が倍以上に!

蒼子ちゃんブログの全盛期(?)の頃の数値に戻ったんである。

あーよかった。。

もうね、迷路でさまよってるような気分だったのよね。

普通に更新してるのに、どんどんアクセス数が減っていって。

もうワケがわからない。

考えられるとしたら、「もしかして、私のブログ、相当つまんない・・?」ってこと。

でも、全盛期の頃と何が違うかなーって考えてみても、そんなに差があるとは思えない。
(そりゃ、スピッツネタは減ってるけども・・笑)

で、「何なのだ!?何なのだ!?」って頭抱えてさ。

いやぁ~、ここまでブログのスマホ閲覧が進んでいるとは思わなんだ。

「僕のブログは7割がスマホでの閲覧です」なんて話も聞いたことあるんだが、どっか別世界の話のようにとらえてた。

まさか自分のブログもそうだったとは。。

・・・世の中、思った以上にスマホっている。

私がブログをリニューアルしたワケ

ブログのデザインをリニューアルしました!

今、主流になりつつある「レスポンシブデザイン」です。

以前のデザインに何も不満はなかったんです。

ただ、どーしても変えざるを得ない理由がありまして・・


この「レスポンシブデザイン」は、パソコンでもスマホでも同じ見え方になります。
閲覧画面の大きさに応じて、自動的にサイズを変えてくれるんですね。

以前も、スマホでの見え方は問題なかったと思います。
ただ、パソコンでの見え方とは異なったものでした。

それだと、別々のサイトだと認識されてしまい、正確なアクセス解析ができなかったのです。

このブログの常連さんならご存知かと思うけど、私、アクセスが減って減って・・って嘆いてたじゃない?
4年前をピークに、今は半減してる、何で?何で?ってさ。

4年前と言えば、スマホユーザーが増えてきた時期。
スマホ利用率がガラケー利用率を追い抜いた頃を境に、私のブログのアクセス数がどんどん減っていったのよね。

いや、減ってると思い込んでたの。

スマホでの閲覧が増えているはずなのに、その人たちのアクセスは全く除外されてカウントされてたワケよ。

その問題の解消のため、リニューアルした次第でございます。

だから、あらためまして、
こんにちはー!スマホユーザーの皆さん!

見つけたわよ~、あなた方を。
おかげ様で、アクセス数の数値がどんどん上がってきてるわぁ~。

そして全ての常連さんたちへ。
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです!(なんじゃそら)

横野レイコが貴乃花親方を批判するワケ

相撲レポーター、横野レイコ。

今回の日馬富士暴行騒動で、いろんな情報番組に引っ張りダコだ。

だけれども、呼ばなきゃいいのに、と思う。

この人のコメント、かなり偏ってる。

貴乃花親方サイドを叩く気マンマンなのである。
で、相撲協会と白鵬、日馬富士は徹底して擁護。

公平な見方が全くできてないのに、肩書は「相撲レポーター」。

この人は何の恨みがあって、貴乃花親方をこんなに叩くのだろう、と疑問に思う人もいるだろう。

私の疑問はすこ~しだけ違う。
「こんな手のひら返しをするなんて、一体何があったというのだ!?」である。

というのも、横野レポーターは元々、若貴フィーバーの時に有名になった人である。
「若貴専属レポーター」と言っても過言ではなかった。

若貴がいるところには常に横野レポーターがいた。
そして、若貴を褒めちぎってもいた。

関係も良好で、若貴も横野には心を開いているように見えた。
貴乃花親方と奥さんの仲を取り持ったのも、横野であるとかないとか。

私はその蜜月だった時代を知ってるだけに、「なぜそんな手のひら返しを?」と思うのである。

その理由が今、ボンヤリ判明しかけてる。

どーも横野レポーターは、元々「若乃花びいき」だったっぽいのだ。
若乃花の半生を綴った著書も出している。

で、若貴の確執があったじゃん?(目下絶縁中)
そん時に、完全に若乃花側についたんじゃないかなー。

今じゃ、貴乃花親方がどんなにヒドい人間であるかを、事件とは関係ないのに、一方から聞いた話のみでメディアに披露する始末。

その際、別のレポーターから、「そんなこと言ってたら、インタビュー、また無視されちゃいますよ?」と言われてたのが印象的だった。

関係は完全に破綻していたのだ。