投稿

小平に「獣」と言ったアナの致命的欠点

平昌五輪スピードスケート女子500mで金メダルを獲得した小平奈緒選手に、TBSの石井大裕アナウンサーが投げかけた言葉が物議を醸している。

「まさに、獣のような滑りだったと思いますけど」

これが、「女性に対して失礼だ」などと非難されているのである。

・・・実は私、何とも思わなかった。

チーターとか豹のように俊敏だった、と言いたいわけでしょ?

でもまぁ、「獣」は何もチーターや豹みたいな動物だけではないし、「ケダモノ」という読み方だってできるわけで、そこらへんに嫌悪感を抱いた人たちが多かったってことよね。

やはりこれだけの人たちに嫌悪感を抱かれるとなれば、言葉のチョイスに多少問題があったとも言える。

私はどちらかと言えば、「獣のような滑りだったと思いますけど」と言って、すぐに相手にマイクを向けたことの方が気になる。

小平選手も戸惑ってた。

「ありがとうございます」と返すのもヘンだし、「そうですね~」と認めるのもヘンだし、リアクションとして何が正解なのかわからない。

そーなのだ。

この石井アナってのは、選手が返答に苦しむような言葉の投げかけをするのだ。

この記事を読んでもらいたい。
選手へのインタビューに感じる違和感

名前こそ出していないが(そこはオレの気遣いだッ)、この記事の中の「アナウンサー」ってのは石井アナのことだ。

なんちゅーか彼、インタビュアーとして個性を出そうとしてくるのだ。
インタビューの場は、彼にとって「自己演出の場」に他ならない。

選手の気持ちに寄り添うことなどしない。
一風変わったコメントを投げかけてる自分にウットリしてるだけ。

ま、「一風変わった」=「的外れ、非常識」なんだがな。

東京オリンピックで選手にインタビューするのが夢だとか言ってるけど、やめとけやめとけ、選手が気の毒だから。

葛西は 風に 恨み節・・

平昌五輪スキージャンプの葛西紀明選手は、個人成績が振るわなかった。

そんな彼の発言に注目すると、彼の人となりが見えてきた。

同時に、私の彼に対する印象(青文字)の変遷もお伝えすることにしよう。

・ノーマルヒル決勝後
信じられない!こんなの中止でしょう!」(悪天候の中、実施されたことに対して)
本当にね。選手のことを最優先に考え、ベストな環境で実施してほしいもんだわね。

・ラージヒル予選後
今日も風の当たり外れが大きい。今日は当たってくれなかったので、明日は当たってくれると信じている
そんなに風に左右されるものなんだー。風に恵まれなくて気の毒だなー。
てか運まかせの競技ってどーなの??

・ラージヒル決勝で敗退後
ちくしょう!」と一言だけ吐き、取材エリアを去る。
・・・・・・ん???

・その後、広報を通じた本人のコメントとして
風の当たり外れがあるのは分かっていた。当たらなければこういう結果になる
え・・・? また・・・??


そーなんである。 愚痴ってばかりなんである。で、自分の調子の悪さは全て風のせい。
最初は同情してたんだけど、あまりにもしつこいからヤになっちゃって。。
好結果を出した後輩のことは「風に恵まれた」みたいに言ってたしね。

ひょっとして、性格に難アリ・・・?

過去のVTRではこんなことも言ってたな。
「長野五輪は団体メンバーから外され、本番でジャンプする仲間を見て『落ちろ』と思っていた。金メダルを獲ってほしくなかった」

・・・このコメント、衝撃だったのよ。

そりゃメンバーから外された時なんかは、「皆、ジャンプを失敗すればいーんだッ!」という気持ちになるのもわかるよ?

でも競技の間も「落ちろ~、落ちろ~」と念じるのってコワイ。相当執念深い。

平昌五輪のスキージャンプは、男子ラージヒル団体を残すのみとなっており、まだそのメンバーは決まっていない。

もう葛西選手は外した方がいいんじゃないかな。
負のオーラが出まくってる。

また外されれば、競技中に「落ちろ~、落ちろ~」と念じるんだろうな(苦笑)。

でもいーよ、長野五輪はそれで金メダル獲れてるから(笑)。

その時の金メダルメンバーである原田雅彦氏が、本日、こんなコメントを寄せている。

強い選手は、風なんか全然関係ない。
追い風でも平気で飛ぶ。

スノーボード、仰天の採点基準

平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ金メダリスト、ショーン・ホワイト選手。

彼の3回目が終了した直後、確かに解説者は「回転する時に、ボードを掴むんじゃなくてブーツのつま先を触ってただけですからねぇ」と言っていた。

それが採点にどう影響するか、ということだ。
きちんと「グラブ」ができていない点が、どれくらい減点されるのか。

結果・・まーとにかく高得点が出た。
減点されての「97.75」なのか、見過ごされての「97.75」なのかはわからない。

スノーボードの採点は、驚くべきことに、総合的な「印象」で決まるという。
技ごとの得点は決まっておらず、ビデオ判定すらないという。

フィギュアスケートのように、細かな評価基準を設けているわけではないのだ。

なので、極端な話、審判はグラブの精度を無視しても見逃しても構わない、ということになりはしないか。

う~む、これってどうなんだろ。
主観や印象で決められちゃっていいもんだろうか。

誤審だ何だと騒がれる一方で、改めて際立ってくるのが、ボードをガッチリ掴んで宙を舞う、平野歩夢選手の技術力の高さなんである。

中居の「悔しい」は絶対おかしい!

平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝で、平野歩夢選手が銀メダルを獲得!

それを受けて、キャスターを務める中居正広の第一声が「いやぁ~、悔しいですね!」。

その後も「悔しい」を連発し、その場にいる他のキャスターまで一緒になって「悔しい」「悔しい」の大合唱。そしてどんよりした空気に・・・。




はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?



全然悔しくないんですけどぉぉぉぉぉぉ!?




「悔しい」ってのは、本人だけが言っていい感想だろ。

すっげー失礼だよね、失礼極まりないよね。はっきり言ってキャスター失格だ。

大技も決められたし、どう見ても、持てる力を発揮できてたじゃん。

その時点で「すごいな~!」と思ったよ、こんな大舞台でさ。
メダルの色はわからないけど、「良かった~!」と安心したよ。

メダルの色なんかよりも、実力を発揮できるかの方が大事だから、私。

で、金メダル争いの相手、ショーン・ホワイト選手の3回目。
「失敗しろ」と願う日本人もいただろうが、私は逆だ・・「絶対失敗しないで!」。

だってー、「相手がコケたから、金メダルになってラッキー」ってより、相手も成功した上でのガチ勝負での金メダルの方が価値あるじゃん。「真の王者」というかさ。

で、「真の王者」に肉薄した平野もホントに立派。
惜しかったけれども、決して悔しくない銀メダル。

2大会連続銀メダルという偉業を称える気のないキャスターなど、いらない。

浅田真央がオリンピックで解説をしないワケ

平昌五輪に浅田真央の姿がない。

もちろん選手としてではなく、解説者やレポーターとしての姿がないのだ。

「平昌の真央ちゃーん!」「はーい!」というやり取りが容易に想像できるが。

オファーを断っているという噂と、オファーすらないという噂がある。

いくら喋りが達者でないとは言え、オファーすらないということはないだろう。

それに、「のーみすしてー」の頃から比べると、格段に喋りは上手くなってた。

あの知名度と人気と実績を、テレビ局が放っておくはずがない。
喋りを度外視したって、手に入れたい「話題性」。

オリンピックじゃなくても、浅田真央が解説してたことってあったっけ? ないよね?

ま、解説には「向き、不向き」があるのは間違いない。
元々向いているタイプと、最初はヘタだが場数を踏んで多少向上するタイプと、何度やってもダメな、全く向いていないタイプがある。

よっぽどダメならオファーは次第に減っていくのだから、まだ解説者としての能力が未知数の浅田真央なら、オファーは殺到しただろう。

もうこれは、浅田真央がオファーを断っているとしか思えない。

解説者の仕事に魅力を感じていないのだろう。
選手時代は義務として喋ってはいたが、本来は公の場で喋ることが苦手なタイプかもね。

「私にとってのフィギュアスケートは、論評するものではなく、競技するもの」っていう理由ならカッコイイね。

※関連記事・・・浅田真央のドラマチックなオリンピック
気の毒な気の毒な引退会見

小泉今日子とは何だったのか

小泉今日子の不倫ネタを、テレビが一斉に報じなくなった。

この現象、不気味と言えば、不気味である。

独立したとは言え、まだ前事務所の傘下にあるのだろう。
前事務所から庇ってもらってると見える。

今回の件で、小泉今日子のイメージは著しくダウンした。

私は、過去にこんな記事(⇒ キョンキョンはそんなにありがたいのか)を書いてもいるし、彼女に対してそこまでのイメージダウンというのはない。

ただ、まぁ、今までのプラスの要素は全て、事務所のイメージ戦略によって成り立っていたのではないか、という新たな疑念は生まれた。

つまり、全てが「まやかし」だったのではないか、と。

『徹子の部屋』への出演を事務所に止められていたのも、説明がつく。
・・・バカがバレるからじゃないのか?

書いたものなら後で第三者がいくらでも手直しできるけど、トークはそういうわけにはいかないからね。

作り上げられた「文学かじってます」系のイメージが崩れるのを避けたんじゃない?

あーッ!『あなたに会えてよかった』の作詞もさぁ・・・ホントにあーたなの???

※関連記事・・・キョンキョンアンチが増えピンチ?

イノッチの「うどうさんといっしょ」

有働アナに続き、井ノ原も『あさイチ』を降板することとなった。

私はこの番組をほとんど観たことがないが、井ノ原のナイスフォローっぷりがよく称賛されてたのは知ってる。炎上発言なんかも皆無だしね。

このコンビのファンも多かったのだろう。

ただ、まぁ、こういう形の降板って珍しいよな、とは思う。
「後追い降板」とでも言いましょうか。。

「えー!〇〇ちゃん、塾やめるの~?だったら私もやめる」
「えー!〇〇ちゃん、部活やめるの~?だったら私もやめる」
と言う女子中学生みたいな。

いや別に責めてない。
意外とこういう降板、少ないよなーと。

ひょっとしたら本人の意向ではないのかもしれない。
ジャニーズ事務所の意向なのかもしれない。
有働アナの降板について事前に何も聞かされてなかった、と激怒してるらしいから。

激怒の話が本当だとすれば、「何様なんだよ」と思う。
何でいちいちオタクにお伺い立てなきゃなんねーの、と。

タレントは、帯番組の司会の仕事を持ってると、収入がハンパないらしい。
それを蹴って大丈夫?・・・とも思う。

ま、別番組のMCのお誘いもあるだろうし、なければないで、ジャニーズ事務所がねじ込むだろうし(!)、そんな心配はいらないのかも。

一方の有働アナは「一人のタレントの人生を変えてしまった・・」と困惑してるかもね。